Twitter

にっぽん文明オススメの書籍

« February 2014 | Main | April 2014 »

神社と神道を学ぶ一日講座

知っているようで、知らない神社や神道を学ぶ 一日講座 を企画しました。どうぞ気軽にご参加下さい。
 
知っていますか?
◆大国主命の別名が四十以上…
◆氏神・鎮守神・産土神の区別
◆天照大神の御鏡のご正体
◆一般の神社と、伊勢神宮・出雲大社の拝礼方法の違い
◆伊勢のご遷宮は十六世紀に百二十四年も中断していた
◆明治まで僧侶が神前でお経を上げるのが当たり前
◆神職の作法の統一は大正時代

Photo

≪講義内容≫ 
神道と神社の基礎知識 -神社とは何か-.神道と古神道.他
【質疑応答を1時間】
 
≪作法≫
神職基本の六作法.
ご参拝と玉串奉奠の基本作法.出雲式と伊勢式
      
日  時 : 平成26年5月6日(火/祝) 午前10:00~午後4:00
会  場 : 高円寺 氷川神社 
       〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-19
       (JR高円寺駅南口より徒歩5分)
受講費 : 10,000円
  
講座の詳細・お問合せは公式サイトをご覧下さい。

『卑弥呼はヤマトコトバを話したか』 相磯 裕 氏 講話会

日本の伝統文化を見据え、“こころとかたち学ぶ”神職養成講座、“大和撫子のこころを育む”巫女講座を開催する NPO法人「にっぽん文明研究所」 “ニッポン・スピリチュアルの世界”講話会のお知らせです。
          
いま、上代史がブームです。この時宜を得て、上代言語研究の相磯(あいそ) 裕(ゆたか)先生をお招きします。言語は文化の一部です。日本語はどこから来たのか…。日本列島で話された日本語の最も古い形はどのように残存し、どのように変化してきたのか…。卑弥呼はどのような言葉を話していたのか…。永年ご研究をされてきた相磯先生に、私共の母国語の、言語の歴史をひも解きながらお話しをして頂きます。
      
ロマンあふれるテーマの講話会に、ぜひお出かけください。(奈良 泰秀)

テーマ
『天照大御神=ご正体の御鏡とは』 講演・司会:奈良 泰秀
『卑弥呼はヤマトコトバを話したか』 講演:相磯 裕 氏
 
日   時 : 平成26年 4月26日(土) 
              午後6:00開始~8:30 (午後5:30開場)
会   場 : 高円寺 氷川神社
            〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-19
            (JR高円寺駅南口より徒歩5分)
入場料 : 2,000円・学生(高校・大学生):1,500円
 
詳細・お申込み は 《公式サイト》 をご確認ください。

« February 2014 | Main | April 2014 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks