Twitter

にっぽん文明オススメの書籍

神職養成講座【第57期】受講生受付中です

精神(こころ)と作法(かたち)を学ぶ 神職講座 ◆ 完全少人数制 ◆

Image1

 どなたでも受講できます。入門基礎講座では、古神道および神道の精神と意義、神事に対する心構えを学びます。祭式行事に必要な基本六動作の作法ほか、祭器具、ご神饌、紙垂の切り方など、基礎的なことです。

 日本の伝統文化の根底にあるものは、大自然に鎮まる神への畏敬の念が源にあります。

 目に見えない神に対する、神職の作法にふれて、日本人の感性を見直していただけたらと思います。

 祭式行事には岩笛吹奏を執りいれておりますので、岩笛1個を進呈します。

入門基礎講座  二日間  平成22年  3月29日(土)・30日(日)
初級講座     二日間  平成22年 
4月19日(土)・20日(日)

※入門講座のみの受講でもお申し込みいただけます。

講座の詳細・お問合せは公式サイトをご覧下さい。

11月度 講話会のお知らせ

◆ ニッポン・スピリチュアルの世界 シリーズ ◆

<11月度講話会>

日本の伝統文化と新たな文明を見据えて活動する  NPO法人  「  にっぽん文明研究所 」 11月度・講話会のテーマは、「人生の終末を締めくくる“葬儀”事情」 です。講師には、価値観や形態が変化していく葬儀事情に詳しい下中英輝をお招きします。

遺族となり葬儀に関わる機会はあるが、共同体意識や家族制度が崩壊し、地域や身内での葬儀が出来ない。業者への依存度が増加している。日本消費者協会の調査では、13年前の葬儀は自宅や寺で62%が行なわれ、葬斎場では約30%に過ぎなかった。それが平成22年には自宅・寺が18.3%、葬斎場は74.8%と急増。葬儀に就いての知識が乏しいことで業者とのトラブルも多い。今後、死亡人口はピークを迎える28年後まで増え続ける。規模や宗教は別にしても、血の通う葬儀を執り行なうためのご質問をお待ちします。

◆『急変する葬儀と墓』- 直葬と合同墓-  講演・司会:奈良 泰秀      
質疑応答100分 「現代葬儀事情」 講演:下中 英輝 氏

日 時:平成 24年 11月17日(土) 
      午後6:00開始~午後8:30 (午後5:30開場)

会 場:高円寺 氷川神社 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-44-19
    (JR高円寺駅南口より徒歩5分)

入場料:予約:1,500円(当日:2,000円)※古神道講座受講生:1,000円

※ 定員になり次第締め切ります。 
※ 入場料は当日受付でお支払ください。

詳細・お申込みは《公式サイトご覧下さい。

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks