フォト

Twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 東日本大震災慰霊祭祭詞 ① | トップページ | 小泉太志命大先生 »

東日本大震災慰霊祭祭詞 ②

東日本大震災被災地の皆様に 謹んでお見舞い申し上げます。

(祭詞を掲載)

東日本大震災 慰霊祭祭詞

(これ)の處(ところ)を仮(かり)の葬儀(はふり)の場(には)と俄(には)かに整(ととの)へ奉(まつ)り 阿波礼(あはれ)(またた)く間(ま)の酷(むご)き災害(わざわひ)に遭遇(あひ)て身罷(みまか)り給(たま)ひし許々(ここだ)の御霊(みたま)(たち)の御前(みまえ)に 宣(の)り白(まお)さく

(こ)は如何(いか)ならむ疎(うと)び荒(あら)ぶる大禍津日(おほまがつひ)の働(はたら)き有(あ)らめや 天運(てんうん)の循環(めぐり)大きく変動(くる)ひて 世界(よ)に稀(まれ)なる激(はげ)しき地震(なゐ)(ゆ)り起(を)こり 山(やま)は裂(さ)け地(つち)は崩(くづ)れ未曾有(いまだしらぬ)(おそ)ろしき勢力(いきほい)の大津波(おほつなみ)押寄(おしよ)せ襲(をそ)ひ来たりて 群集(むらな)す渦中(うづ)に諸人(もろびと)(ら)(おどろ)き逃(に)げ惑(まど)ふも 為(な)す術(すべ)(あ)らず 阿鼻(のどよぶ)叫喚(こゑ)の眼(まなこ)を覆(おほ)ふ凄(いた)(まし)き事態(あらざま)に到(いた)りて 逃(のが)るる道(みち)(な)く 尊(たふと)き御命(みいのち)(お)とし果(は)つるは悲(かな)しくも憤(いきどほろ)しき極(きは)みにこそあれ 未(いま)だ混乱(みだれ)の続(つづ)く郷土(さとざと)は 交通(ゆきき)通信(たより)も全(また)く跡絶(あとた)へ 瓦礫(がれき)の荒地(あれち)と成(な)りて闇夜(とこやみ)の如(ごと)き状態(さま)なれど 由(ゆ)久利(くり)なくも惨事(わざわひ)に遭(あ)ひて神去(かむさ)りし汝(なが)(みこと)(たち)の御霊(みたま)は 今由後(いまゆのち) 彷徨(さまよ)ひの翳(かげ)浄化(きよ)めて惟神(かむながら)の則(のり)の随(まに)(まに)に 浦安(うらやす)く幽冥(かくりよの)大神(おほかみ)の御許(みもと)に到(いた)り給(たま)ひ神々(かみがみ)の御列(みつら)に進(すす)み鎮(しづま)り坐(ま)して 郷里(ふるさと)を最(いと)(すめ)やけく元(もと)の姿(すがた)に立還(たちかへ)らしめむと 再(たて)(おこ)さむ人々(ひとびと)の念(おもひ)を 御心(みこころ)平穏(おだひ)に諾(うべな)ひ給(たま)ひ 哀しみつつ仕(つか)へ奉(まつ)る状(さま)を看行給(みそなはしたま)へと 謹(つつし)み敬(ゐやま)いも白(まお)   

« 東日本大震災慰霊祭祭詞 ① | トップページ | 小泉太志命大先生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神道・古神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48309/51204193

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災慰霊祭祭詞 ②:

« 東日本大震災慰霊祭祭詞 ① | トップページ | 小泉太志命大先生 »